法律の考え方について

今回の講義は川島武宜著『日本社会の家族的構成』とHoebel, ”Fundamental Legal concepts as Applied in the Study Of Primitive Law”を参考にしたものである。

私はこのレポートで、まず『日本社会の家族的構成』第3節の部分をまとめる。次にホーヘルト図式を元に「立入禁止」の概念がどのような権利関係で表わされるかを考察する。それでは要約を始める。

 第2節で川島は、日本の家族制度が儒教的であると指摘している。「儒教的」とは家族制度において家長をトップとし、家長の権利が上から下に及ぶことを意味する。また家長の権力下に位置するものはその権力に自ら進んで従っているという。

よって家長の権力は「権威」となり、権力下にあるものたちの姿勢は「恭順」と表すことができる。

 そして第3節では三角形の構造で表わされる「家族制度」が、日本の家族制度外の世界においても成立していると主張している。

日本は本来資本主義の概念が根付いておらず、他者との関係は単純な商品交換的な結合だけではおさまらず、家族的結合になる。

残業代未払い・残業代請求するか悩んでいる方へ【千代田中央法律事務所】

宅配 牛乳 値段

免許合宿が激安プランで!

インゴット買取福ちゃん

整体師の評判は?